プロフィール

gershwin

Author:gershwin
主にゴールデンレトリバーとパピヨンをドッグショーでハンドリングしています。


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          今回の記事を 書くのに、
          どうにもこうにも タイミングが悪くて、
          なかなか 切り出せなかったです。

          




          この夏、 ガーシュウィンは、

          二回   泣いた・・・・










ガ、 ”お母さん、 これ見て、  お父さんの時計、 してきたんよ。”
     ch1_20071121080245.jpg

あの時、・・・・・










ジゼルの出産が目前に迫ってた  2週間前

  出産したら、 夏でも、 なかなか 帰れないかもしれないだろうから。
  と、
  ガーシュウィン、
  実家の 山口県に 母のお見舞いがてら、たった一泊の帰省。

  その日の夜に 母 急変し、  
  ”お姉ちゃん、 今回、 帰っておいてよかったね・・・”

     と、 妹は顔を引きつらせて言った。

              








               奇跡的に、 持ち直し、
               
               でも、医師と今後の話し合いは、
               希望の持てるものではなかった。





東京に 帰るその朝、 妹に 連れられ、また、病院にいくと、
母、 ウソみたいに ゆっくりと も、 会話に応じる。

でも、 その ベッドの側には、
妹の 家族は、   私を含め、全員集合していた・・・・





父の時計を見せた。
ch1_20071121080245.jpg

    母は、 黙って、  じーーーーーーっと
    何分も 見てた。





長女である私は、
自分が幼い頃、 母に よく 耳かきをやってもらってね、
終わると、
 母は、 しばらく  娘の 髪の毛を そーーーっと、 優しくなでてくれたの。

それを、 今度は、 娘の私が、 最後にやってあげた。
母・・・
じーーーっと、 父の時計を見ながら、 それ、 されてた。




          泣くんじゃないっ

          今、 泣いて、 どうする!!

          私がなくと、 妹も泣く。
          周りは おろおろして これからの覚悟が失せる。

          長女、 必死に、
          
          ”お母さん、  ありがと。 ご苦労さん”と
           心の中で、笑顔を作った。





その日の 母は、   観音様みたいだった。
画像 365
でも、
娘の知ってる、 歌の大好きな、(上手だったんですよ~~)
          信念と根性で、生きた・・そんな母はもう、いなかった。

これが、 最後だ・・・・・





長女は、 すーーーっと、 母の頭をなでて、 東京に帰った。

羽田空港のバーで、 いつもの オリジナルカクテル注文。




”生まれ来る命と、 消え逝く命” の タイトルで、
女性バーテンダーに注文したのが これ、

画像 377
画像 375
     命=ざくろを使って、  ”太陽”というタイトルをつけた彼女に
     ”太陽”= ソラース ですね^^  と、
     シリアスな笑みをつけて、 タイトルをアレンジした、私。




それから、






1週間後・・・・・・・・・







”お姉ちゃん!!  病院から電話もらって、駆けつけたけど、
   間に合わんかった====  (泣)”
の 
妹の その夜の電話に、、、、、
   母と私の 歴史は     終わった・・・・・

5月 18日だった。





ガーシュウィン、 またまた とんぼで、悲しい帰省する羽目になった。






     ジゼルの出産・・・・ うちのご主人様と、
                 ちょんまげ娘と、
                ジゼルのブリーダーさんにも頼んだ。!
     もし・・・・
     わたしがいない間に 産気づいたら、 ヨロシクお願いします。









告別式では、
話のうまい、  母方のおじに 頼もうと言うことに一旦なった。

   が、

妹、 
”やっぱり、 お姉ちゃん、 代表の挨拶してくれんかねー?”と
どんでん返しに、   姉、 あたふたあたふた・・・・

”お姉ちゃん式で いいから、・・・・・”
    断っておくけど、
    姉、 ピアノと犬は引けるけど、
    発表事のしゃべり、 大  大 大の 苦手。。。。


    いつもは、 頑固な姉は 絶対、”いや!!”
    断るところ。





母の声が聞こえた・・・・・


”  ^^   イッコ(私の名前です)の、 挨拶が聞きたいねーーー^^”

娘、
母の最期の 命令、、、、   きいた。

     原稿に
     つらつらと、 お姉ちゃん式の母への手紙を  綴って、
     読んだ・・・・・





バックミュージックは、
母が かなり好きだったと言う   
美空ひばりさんの     ”川の流れのように"  


♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 

長女よ、   ここで、 メロディだけ 聴きなさい。
歌詞を耳にすると、    君のお目目は 滝になるから・






     終わった・・・・・・




     母は、 骨になった。





     でも、 この骨は 私の産みの母。
     "お母さん、 ありがとね。  ありがとね。”と
     声を出さずに 娘は、 呟いた。









もう、 東京に 帰らなくちゃいけない。

頼りになる 妹は  その後の事を 約束してくれた。
任せるよ。  頼んだよ。


    

最終便で宇部空港を 経つとき。

妹は、  おもむろに  姉に 聞いた。



    "お姉ちゃん、  お母さん、おらんようになって、
     どううする?  来年から・・・・”


遠慮がちに 言わなくてもいいよ



    ”来年からは、 あんたの 顔見に  帰ろうかね  ^^”
    と、

答えながら、 ぽん  と、 妹の頭を たたいた。



    ミルミル間に 妹の 顔は クチャクチャ になった。









     ”じゃーーね
      ご苦労様、
      お母さんいなくても、 あんたのお姉ちゃんは わたい だ!”
   
       と、 軽くジョークを 飛ばして、
       チェックイン・・・

















         チェックインした後、
         宇部空港の
 
         トイレに駆け込み、








         ガーシュウィンは、

         声を 絞って、   泣いた・・・・・・やっと 泣けた
         画像 375






・・・・・・・・・・・・・マスカラが、   流れ落ちた・・・・・・


にほんブログ村 犬ブログへ
   vol.1・・・
  

コメント

おはようございます。
私が最初にこちらのブログにお邪魔した時、丁度お母さんのお見舞いに行かれたとの時でした。
空港でのカクテルの記事もよく覚えています。
その後、ジゼルちゃんのBabyの話が続いて賑やかだったので、気になりつつも聞けませんでした。
お母さんいかがですか?と。
今年の初夏には、さよならとようこその両方を経験されていたんですね。
最後にお母さんの頭をなでて、お父さんの時計を見せて・・。素敵な娘さんです。
なんだかその場を思ってみると涙がこぼれます。
お母さんとのご縁は又次の命にも必ず繋がっていくと私は信じています。

私も涙がこぼれました。
ガーシュウィンさん。
お母様は優しくお空に戻られたみたい。
記事を拝見していてそう思いました。

私もガーシュウィンさんのように
優しく強く生きたいな。
お母様、生んでくれてありがとうですよね。

夏空の中で、お母様は大好きな歌を
今日も歌っていらっしゃるかしら。

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

『生まれ来る命と、消え逝く命』のカクテル
…覚えてます。
その後、お母さん亡くなられていたのですね。
何と申し上げればよいのか。。。
ご冥福をお祈りいたします。

今日のブログ読んだの仕事中で、
涙をこらえるの必死でした。
でも、ガーシュウィンさんは
もっと涙を我慢されていたんですよね。
そんなガーシュウィンさんを空からお母さんは目を細めてうなずいておられますよ。
がんばりましたね、ガーシュウィンさん。

ずっと気になっていました。。
まさかうまれる前に?!とは思ってもみませんでした。
ガーママ強いなぁ。。

忙しくて辛くてそんな状況下でも、みんなに(私にも^^)優しい声かけてくれてたね。
自分で自分にもハッパかけてるのも聞こえましたが(笑)

ガーママをこんな明るく逞しい素敵な女性に生み育てたお母様にきれいなカクテルで乾杯^^!

ご冥福をこころよりお祈り申し上げます。

そうだったんですか…。。

ガーママ、大好きなお母様に最期のお別れができてよかったですね。

昔ガーママがしてもらったように、お母様の髪を撫でであげられて、よかったですね。

そして、頼りになる妹さんがいて、安心ですね。
涙、ずっと我慢していたガーママ。
強くてカッコイイ女性ですね。
大変な中、間近に迫ったジゼルの出産。
ガーママ、逞しい。
最後のオチが、読む人を和ませてくれるのね。
マスカラ、はがれちゃったんだ…(笑)

;;

最近涙腺がゆるいところ持って来てこの話を聞いてググっと来てしましました;;
かける言葉も見つかりません。
お母様のご冥福を祈ります。
頑張れ!姉!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お母様 どうなさってるのかなと思っていたら
逝去なされていたんですね・・

私は片親だけですが それでもすごく今でも
哀しくなります・・
ガーシュウインさんは 両親ですから 悲しみは
もっと深いものとさっします・

人間 いつかは 風になってしまうものです
順番通り 見送ってあげたのだから よしと
しないといけませんね

こんな悲しい思い 子供達にさせたくないので
健康にじゅうぶん注意して 長生きしないと
いけませんね・・
ワンちゃん達の為にも 元気でましょう~(^_-)-☆

初めまして。

読んでて、じぃーんときちゃいました。
ガーシュウィンさん、強いし優しい。
きっとお母様も素敵な方だったんでしょうね。
お母様のご冥福をお祈りします。

わがままカールの親ばかブログへ遊びに来てくださってありがとうございました♪
またお邪魔させてくださいね~

今日は訪問&コメントありがとうございましたm(__)m

今年お母様が亡くなられたのですね・・・

ガーシュウィンさんが来られるのをお母様待っていらっしゃったのですね

私は6年前に母を亡くし、2年前に父を亡くしました。

私も長女なもので、母の前では泣くことができませんでした。

私は弱くって、母の四十九日が終わった後、仕事にいけなくなり、そのまま仕事をやめてしまって・・・

母が亡くなってからパピヨンを飼い始めました。

お母様が亡くなった後にワンちゃんの出産だったのですね。
忙しくすることで自身を保っていらっしゃったのかな?

しっかり泣かれましたか?
泣きたいときはたくさん思いっきり泣いてくださいね(*^_^*)

はじめましてなのになんだかいろいろ書いてしまいました




いつも明るく優しいガーシュウィンさん
出産という大仕事の前に 何役もされてたんですね・・
お忙しい本業、母、妻、長女、、ワンちゃん達のお世話・・まだまだ他にも。。
その底なしの強さ、根性には 毎回脱帽です。
どうかお疲れが出ませんように。
お母様のご冥福をお祈りします。

☆ツボミさん

あー、 そうでしたよね。
ツボミさん、あの時から訪問してくれてるんですよね。
そしたら、 あの記事は、印象的だったかも知れませんね。
気にかけていただいて ありがとう。
あれから、 いつも 来ていただいて、 ありがとう。

実は、 コウだったんです。

なかなか 切り出せませんでしたが、
今度 やっと、。

☆ルビーさん

母・・・・
音楽がすきでねー
その中でも、 歌がすきでね、よく家の中でも、
コロコロキレイな高音で、 歌っていましたよ。

今は 苦しくないでしょうから、 高い空で、
歌っているような 気がします。

ありがとうね ルビーさん、。

ありがとうございます。

ガーシュウィンさんからのメッセージ、がっちり受け止めました。
泣いちゃいけない時があるんですよね~
まだまだ泣く時じゃないってこと・・・

とても立派なお母さまですね。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ワタシも姉には頭が上がりませんよ・・・

☆みぬさん

私、 実は すごい 涙もろいんですよ。
いつも くちゃくちゃに 顔を崩して泣くんですが、

 そんな私が ボロボロ泣くの 我慢できて、
 自分も不思議に思ったくらいです。

母が
 ちゃんとしーや^^  と言ってたみたいです。

カクテルの以前の記事、 覚えてくれてましたか。
ありがとう。^^

母との歴史は、私の大事な宝物ですから、引き継ぎますよ。
でも、 あの根性は、  ちょっと無理かも。。。

☆ローミーママ

へへへへ
実は、 コウでした。^^

だって、 あの時期、 母の事しゃべると、 絶対自分がなくなり、泣いちゃうから、
明かす時期は 絶対来るから、 
"お母さん、見ててね、ちゃんとやってるよ”って
踏ん張ってましたよ。

 いろんな辛い人と話しながら、
 本当だ・・・・・
 実は、 自分に カツ を入れてたかも。。。^^

ありがとうね、 ママ、 コメント入れてくれて。^^

☆ともっちゅさん

いやあ、 私、 かっこよくなんか無いですよ。
ものすごい 泣き虫なんですよ。
依頼心 強いし。。。。

でも、 ここで ひとふんばり  って時、できるんですね。。。。
自分でも ふしぎと 踏ん張れました。
”私の仕事は どれだ?”と 自問自答してました。

母は、 実に、 仕事は、 きっちりと やりぬく人でしたから。

トイレに入った途端・・・堰を切ったように ボロボロ涙が出ました。
嗚咽も しましたよ。

  その後が 大変でしたよ。
  目の下、 マスカラだらけで、コンパクトと口紅だけの化粧直しは、
  実に 物足りなかったです(笑)
   だって、 それから、 羽田空港  ですもの。

☆ジャックパパ

パパ、
母に   ありがとう。。。。

ほっとしてます。
やっと 母の事、言えて^^
打ちながら、 泣きましたけど、 打ち終わった後、再確認しました。
ははとの軌跡は、 プライドを持って、 引き継ごうと。

だから、
これからも ヨロシク。

☆ #さん^^

ありがとう^^
ありがとう^^
   ありがとう^^・・・・

んだよーーーー 泣かせるなよーーーー

でも、 お気持ち、嬉しく、 これからも 勇気もてた。

ありがとう。

☆そよかぜさん

あーー、 おぼえていてくれてたんですか。。。
ありがとうございます。

実は、 コウだったんです。
でも、  やっと、 この記事を載せて、つっかえてた事がちょっと前に向けました。

母はジゼルの出産に 側で 応援してくれて多様な気持ちなんですよ。
実は、 看護士あがりの学校の養護教諭(保健の先生)だったので、 この分野には、強かったですよ。

ジゼルののBABY達の 難産にも対応できたのも、
母のお陰のような 気がします。
そのとき、 私、 必死でした。^^

順番で、 こうやって 命の綱渡りはされるんですね。
ならば、 あまり 苦しみたくないです。^^

☆kozuさん  ^^

こんな記事のときに あえて コメントいただき、
ありがたくも、  すみません。
実は、 ガーシュウィン家の出産の直前では こんなことだったんです。^^

あっ  時々、 きていただいてたんですってね!
ありがとうございます。

これからも、 今回を機に ヨロシクお願いします。

私も、 また、 そちらに
元気な ジージィズ (笑)を 拝見に 伺いますね。

☆claraさん  ^^

ああーーー、 来てくれて ありがとうございます!
こんな記事のときですみません。

でも、 claraさんも、ご両親亡くされたんでか。
そして、 長女・・・
ご苦労様でした。。。。

 その後、 会社に行けなくなったのは、なんとも言えませんが、
 お母様、 ちゃんと プレゼント、 されたんですね
 素晴らしい!

私も、 母は、いろんな事をプレゼントしてくれ、 伝えてくれたようなきがします。

母の思い・・・大きいです^^

これからも、 ヨロシク お願いします。
同じ、 山口の よしみで^^  そちらにも また、 うかがわせてくださいね!

☆アンママさん

あの時は、 一瞬でも 疲れを感じたら、
次なる仕事に立ち向かえなかったでしょうね。。。

 母が、きっと、いいように 帳尻つけてくれたように思います。
 母。。。すごい人だったんですよ。
 強い信念・根性と、 子供達を思う心の強い人でした;。

 そんな母の最期を悲しく思うと、 あまりにもかわいそう過ぎましたから、
 気持ちを切り替えようと苦労しましたよ。

疲れ???  
疲れたよーーー ビールが飲みたい!
って、 この暑さで、 毎日いつも 飲んでますが・・
BABY達が全員巣立った日・・・
ムー君(リッキー)が巣立った日は、
  ビール。。。味が違いました。
        とっても神聖な味・
だって、  
母の見てる前で、 きちんと お仕事を 終えたから。

☆こままさん

母の時、   なんで泣くのをこらえられたんだろう  と不思議です。

次なる 目的がありましたし、
妹が、 あんなに母を慕ってたんだと思うと、
おいそれと  先に泣けませんでした。
だって、妹は、 母の朽ちる姿、ず~~~~っと見てたから、
さぞ 辛かっただろうな  と かわいそうな気持ちになりましたからね。

私が ご==っと泣けたのは、
全てが終わった、 あの 宇部空港のトイレの中でした。
すごい泣いた。。。 化粧、 どっかにいったもん。

こまま、 見てますからね。。。。♡

おねえちゃま 頑張りましたね。

ご姉妹が仲良くて、お母さまも安心ですね。

私も妹と3歳はなれているのですが、以心伝心で
分かってくれます。女姉妹のありがたさです。

ずっと、お母さまの事は以前の記事から、気になっていましたが、
ガーシュウィン様の頑張りだったのですね。

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。

何もいえない

只々胸がキュイ~ンとしてしまいました(涙)

応援してます☆

ガーママ、さすがです。
あなたの強さを感じました。
あなたの優しさを感じました。

これからも、山口に帰ってね。
妹さんは、頼もしい姉さんを待っているよ。
おかあさまがいらっしゃらなくなった今、ガーママは妹さんにとってお母さまのような存在。

隣の県で、わたしも待ってるから・・。

負けずに頑張っておられる

がまん、ガマンの私の人生ですが
涙はこらえる事は出来ないんです

二度も寄って、記事を読んで
涙で、グチャ、グチャ

でもガーシュウィンさん負けずに頑張って
おられるので、
又寄らせてもらいます。

故郷は。。。

故郷って 母親みたいな感じしませんか。。。
今回の記事で、頭の中がフラッシュバックしてます。

実は次男のわたし・・・ 
ふぃと故郷するびに、最後の別れの挨拶のように。。。その後、親族が亡くなるんです。
それが嫌で故郷も帰らずじまいでしたが。。。

昨年10年ぶりに、長女連れて帰郷したら母の体・・・ 
最敬礼でした。
ボケもせず、私の憎まれ口を聞いて笑ってましたよ♪

次男坊で私の様な放蕩息子もって母はまだまだ死ねないようです。(爆)

お母様亡くなられても。。。
母なる故郷には思い出が一杯でしょうから・・・
気が向いたら『おいでませ 山口へ!』

☆サクラのママ

はい、
おねえちゃま、 結構頑張りました。

いつもは すぐ泣くし、”やって^^”って、すぐ人に頼むし、そのくせ、”やだ”と言ったら、きかない おねえちゃまなんですけど、
あの時は、 結構頑張りました。^^

サクラのママにも、母の事は気にしていただいてたかも・・でしたよね。
こういう結果に 鳴ってましたが、

おねえちゃま、 母の ”仕事はきっちり、 最後まで”を引き継ぐ努力をしますので、
これからも、 ヨロシク お願いします。

   ママんちも 3歳違いの妹さんですか?^^
   良かったですね。^^

☆nyannko12000さん

泣かせて ごめんね。

私、 頑張ったでしょ?

宇部空港では、 マスカラ流れるほど、泣いちゃったけどね。

☆ルルママさん

私?
弱いし、 時々根性悪いんですけど、
母の前では、いつまでも 子供状態が、
最後に 頭をなでてあげたい気持ちになって、
ずーーーっとなでてあげてました。 そのとき、
私は、 強くて、 優しく、 愛と勇気 の子でした。

帰るよ、 山口。^^

また、 あってね。♡

☆まあぼーさん

二度も 泣かせちゃったんか・・・
ゴメンネ。

  言うの、忘れてた!
  私、下関で 生まれてたんですよ!!
  母の実家、 下関の 彦島ですから。^^
  こんなことじゃ、 泣かないでしょうけど。

その、 山口の地で、
5月、 ガーシュウィンは、 2度も帰省し、
最後に、 あの、 宇部空港のおトイレで、マスカラ流れるほど、泣いた お話、 覚えといてね。・・・

☆ティアラ家パパ

出産前に こんなドラマで泣いちゃったら、
その後、
ジゼルの出産、 きちんと やり遂げなきゃ、 母に申し訳ないもんね。
母”仕事、 きっちり”する人でしたからね。^^

 パパ、 放蕩息子だったんですか・・・
 ^^
 覚えとこ。
 でも、 そんな息子、 母、可愛いかもね。^^
 だって、パパ、 可愛いもん。

いっちゃるよ、  山口へ!!   ♡
パパ、  ありがと。

"お姉ちゃん、お母さん、おらんようになって、
どううする?  来年から・・・・”
遠慮がちに 言わなくてもいいよ
”来年からは、あんたの 顔見に帰ろうかね 
このやり取りで 涙が出てしまいました。
悲しいお話なんですが、とってもあったたくて
素敵なお話です。妹さんとガーママの顔が
ドラマのシーンのように浮かんできました。
すべての気持が凝縮されているような気がして
お母様にお会いになられて、その後こんなことが
あったんですね。
感動をいただきました。ありがとうございます。


母親を亡くすことは人生で辛いことのワースト3に入ると思います。
ガーシュウインさん、お辛かったですね。
私も早くに母を亡くしたので、お気持ちお察しします。
でもいいご家族なんだなあと思いました。
これからもお母様はガーシュウィンさんと妹さんのそばに
ずっといらっしゃって、いざという時は守ってくださると思います。

5月。。。
ガーシュウィンさんには
色んな事がありましたね(T-T)

ガーシュウィンさんと妹さんのやり取り・・・
思い浮かべるだけで、心が痛くなります。
不安気な妹さん、そして・・頑張っている長女さん。

私も長女、なんとなく。。。なんとなくですが
頑張ってしまう気持ちが
分かる様な気がします。


なんか姉妹って良いですね♪

泣いてもいいですよ

そうだったんですね。
なかなか書けなかったんですね。
タイミングって難しい。親を見送ることって悲しいです。
よく我慢できましたね。ステキなお話をありがとうございました。
悲しいけれど暖かな気持ちになれるお話でした。
妹さんがいらっしゃることが羨ましいです。
仲いい姉妹なんですね。

☆lamareさん

あの言葉は、
自然と飛び出ちゃいました。
気の利いたことはいえない私です。
でも妹のこと、考えると、 なんともいえない気持ちになりました。

 ずーーっと、ずーーっと 
 このコは、 母の朽ちる瞬間までを、 どんな気持ちでみてきたんだろうと 思うと、
 ゴメンネ、 あんたばっかりで。  という気持ちにならざるをません。

☆ゲンキのママ

ママも お母様を亡くされてたんですか?
それも、 早くに・・・
母親を 早くに亡くすと、そりゃあもう、 寂しかったでしょうね。
そのときは、 気づかないんでしょうけど、

母は、今、身軽になったんだと思うようにしてるんですよ。
なかなか、 山口から東京までは、簡単には これませんでしたからね。

寂しいのは 母と私の歴史が あの時点で、先がなくなった と言うことでした。
ワースト3の一つ 経験しちゃいました。。。。^^

☆ひとみさん

妹がいてくれて、 よかったな  と 思います。
そして、
この 妹で よかったな と 思います。

その妹を 生んでくれて、 母には ありがたい気持ちになるんですよ。
姉が言うのもなんですが、 頼りになるし、 口から発するジョークがまた、 オツなんですよ。^^

 ひとみさんも長女さんですか。。。
 一緒ですね。

そして、5月。。。 あまりにもいろんな事がありました。
今年の5月は そんな 月でした。

☆ユジンさん

ちょっと、 なかなか 書くタイミングが無かったですけど、 もう、いいかな  と 思いました。

 天国の母は、
 ”なんかん、 書いたん??^^” って、照れてるかも ですが。
 書くことで、 気持ちの 整理や、 一区切りが出来るもんですね。

私が この夏、 わーーーと 泣いた一回目、
とっても、 重かったですが、 
母は”あれ、 トイレで、 泣くんかん?^^”と、一緒に もらい泣きしたかも ですね。^^

 私、 結構、泣き虫なんですよ^^
 でも、 妹がいてくれてよかったと 思いましたし、
 の 妹で ありがたいと 思ってます ♪
 
生んでくれた 母に ありがたい気持ち でイッパイです。

ガーシュウィンさん、
辛かったですね。
がんばりましたね。
お母さんとのやりとり、妹さんとの会話
泣けてしまいました。
お母さん、安心して見守られていると思います。

☆アンデイポン太さん

もう、 母とは会えない・・・
触れられない、 話も出来ない・・・
そう 思うと、 もう、心が苦しいですよ。

 ユージンが亡くなったときも、かなり来ましたけど、
 やはり、 母との何十年は、 
 私、 そのものですから、 ちょっと違った喪失感があります。
 
 母・・・愛、 根性、 信念、母性の人でした。

妹も、 尊敬し、大好きと 言ってました。
・・・うるさく思ったときもあったんですがね^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gershwin222.blog101.fc2.com/tb.php/156-124e26af

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。