プロフィール

gershwin

Author:gershwin
主にゴールデンレトリバーとパピヨンをドッグショーでハンドリングしています。


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          先日、
          ガーシュウィン家のピアノの調律、ありました。

          去年も ご紹介しました   Mr.調律師  ♪

          chouritu1.jpg
          60過ぎの 年配の方ですが、
                  


             これがまた、 すごい お方!!











まず、 ピアノをできるだけ 分解して・・・・・
20080926104810.jpg





       もう、 鍵盤から ハンマー(フェルトの部分)から、
       全部、 とっぱらっちゃう ♪





       そして、状態を、まっさらな状態にして チェーーーーっク♪










まず、鍵盤を全部、 バンバンと上に置き、
空洞を作る
20080926112957.jpg

掃除機でその中、 ゴーゴーとキレイにする!
20080926113108.jpg

しまいには、  なーーーんにもなくする  !
20080926113203.jpg






     "犬の毛、 沢山あるでしょう~~~~(汗)”

        ”うーん、 犬の毛も多少はありますけど、
         ハンマーのフェルトは、打鍵するたび、磨耗し、
         カス となって、 この底に落ちるんです。

          そこに、虫が沸いたりするので、
          こうやっとかないと、ピアノが傷むんです。”





       ただのキレイ好きな調律師のタイプかと思いきや、

       ピアノの事、大事にしてくれる ” 愛 !” ゆえのこと。











       ☆   ここで、みなさん、 
          ガーシュウィン、 犬の事、思い出した。

          私、ワンのアンダー抜くの、よくするでしょ・
          アンダーコートは そのままにすると、
          死んでしまい、 代謝も悪くなり、
          そこにダニ・のみ・も寄生しやすくなり、
    
             不衛生 ってのもあるんですよ  ☆


           やっぱり、 コートのお掃除、大事ね^^










さーーて、
Mr.調律師、  ハンマーの フェルトのチェックにはいる。

床に降ろし、   念入りに。。。。。
20080926113426.jpg

”先生・・・・この次、 このフェルトを削ったら、もうアウトですね”

半分以上、きてますよ・・・・・って、
20080926113545.jpg



       このハンマーのフェルト、
       羊毛で できてるんですって!!!!!(驚)

       超高級な羊毛で、 スーツにもできる位の質ですって!
 
       だから、 打鍵すると、カスが下に落ち、
       本物のその羊毛のカスに 虫が沸くんですって!!










Mr.調律師、   おもむろに 言った

   ”あっ・・・先生・・・・・弦、一本切れてましたよ^^”

         え”-=====!!

   ”ほら・・・ここ・・・・”  ^^
20080926105116.jpg

    ガーシュウィン、 途端に そろばんはじいた・・・・
    ・・・・・今日の調律代・・・・・2万円は 越すな・・・・(嘆)

    そういえば、 高音部、ピキンと いつか鳴った。
    でも、 音はなんとか鳴っていた。

         高音部は、3本の細い弦で一音を支えています。
         だから、
         一本切れても、 他の二本でがんばってたみたい。。











          先生、 ピアノの 心臓はね、^^

          フェルトと、  弦 なんですよ。

           そして、それを受け止め、響かせる響音版





          




          ガーシュウィン、一生懸命ききながら、
          犬に 当てはめる










           犬にとって、一番大事なこと、

           栄養
           運動
           そして、   愛  ♡・・・・

           ガーシュウィン、メイベリンたちの出産では、
           




           ”今は心臓が出来る時、
            今は骨が形成される時、
            今は目が出来る時、
            今は脳みそが出来る時 ”・・・とか、
     
            想像しながら、 
            ジゼルの栄養、運動、ストレスのチェックを
            自分なりにしてきたつもり。

            母親大事にしたら、 必ず子犬は良くなるはず。
            DSCF0017_convert_20080930084514.jpg
           (生まれる、2日前のジゼルのお腹)










そら、 響音盤
20080926115010.jpg

     それを取り巻く この 生の木
     年輪を一つ一つチェックし、 
     この木のこの部分を、ピアノのこの部分に使うように

      そんな、酒の 利き酒師みたいな、プロがいるんですって!
      ピアノって、そうやって、 
      木と金属と動物毛との コラボレーションでできた、
      究極の楽器の王様ってみたいですね  ^^









そして、・・・・・・・・・・・・・










花ひらく
sakura.jpg
(写真提供:サクラのママさん)     




           ピアノも
               メンテナンスで いかようにも。

           犬も
               それに加えて 愛情でいかようにも。






それには、まず、
好きになり、 研究し、(このMr.調律師は、製造部出産なんですよ)
そして、 触り、 ・・・・


     メンテナンス!!!




すると、

ピアノは、 より、 生まれ変わり、

すると、

あなたのワンちゃんたちも  見違えるように
 きれいになり、 健康になる!!
20080820093251.jpg




そして、 ガーシュウィンから、ひとこと。
     あなたの愛犬の血統書、 も一度、チェックしてみてくださいね。
     そこには、 そのこが生まれるまでの年輪が刻まれてます。
     見方分からなくても、いいんです。




     血統書がない、ワンちゃん、  いいってことです。
     ならば、
     その子のお目目を じーーーっと見ましょ。
     そのお目目の置くには、先祖代々のルーツが存在するんです。
     パッと、 その子が登場するわけじゃないですからね^^

     にほんブログ村 犬ブログへ
      そして、 メンテナンス!!   ♪

コメント

ほぇ~!
分解^^;
でも大変なお仕事ですよね。
我が家のアップライトは年に一度一万円コースと決まっています。
でも数時間かかってますよ。
たまにしか弾かないので良くありませんね。

わー 初めて見たわ 調律師さん 家にも来るけど
こんなに綺麗にしてくれないね
値段だって 15000円は払ってるけど~
ピアノも 喜んでいるよね
イヌの毛 家も入ってるっていつも言われてます

グ、グランドピアノがあるんですか!すごい!
実家に普通のピアノはありますが放置されています^^;

↓前記事のわんちゃんたち どの子もみんな可愛い♥
2か月後、楽しみですね♪

ピアノを大事にする調律師さんなんですね。
いろいろと勉強になります。

ワン達の血統、その子たちの目の中にルーツを
感じる、そうですね。

大事にされていたワンの子は、生まれた時から
穏やかな顔をしていますね。

羊毛でできているハンマーのフェルト、
思わず反応してしまいました。

吉祥寺のお店で、世界中の羊毛を見て来て
やはり、良い美味しい、羊毛から虫さんも
召し上がるらしいとお聞きしたばかり。

一度、パソコンの調律師も呼んで見て下さい。(笑)
冗談でなく、電源ユニットや各種ファンにワンコの毛が凄いですよ。
私は半年に一回は分解して掃除しています。

ピアノの先生かぁ・・・。
そりゃ、リズムが良いからドックショーもリズムで乗るんでしょうね。(笑)
旦那様もうまくリズムに乗せられたんでしょうか。(笑)
真実の話ですが、私はリンカーンに家内を乗せた事で今の幸せがあります。
ちなみに、中古の120万円を何と60回払いで払っていた事を未だに家内に言っていません。(笑)

こんばんは~♪
なるほどっ しみじみ読んじゃいましたよ(●^o^●)
ラッキーのルーツと、血統書のないリリーのルーツ。
とくにリリーに想いを馳せて お目めをジーーッ(爆)

グランドピアノ凄いですね。
生演奏を聴きながらお茶でも飲みたい気分になりますv-354

ピアノの調律も犬のお手入れも愛情なんですね。
納得であります。
ガーシュウィンさんの愛情が伝わってきてジーンときちゃいましたv-409


こんばんは

調律師さん、お年には見えないですね、若く見えます(笑)なんて、余計なところまで見てしまいましたね^_^;

ガーシュウィンさんのオーバーザレインボウを
マリンブログでアップしても良いでしょうか?

嬉しいお返事をお待ちしてますね。

♪ジャックパパ

たまにしか弾かないと、 調整撮るだけでも、かなりの時間かかりますよね。^^

 コレはMr.調律師に聞いた話ですが、
 プロのピアニストが公演する、先のピアノ、
 あまり弾かれてないと、
 10時間も、 ダミーに弾かせて馴染ませるらしいですよ。
 やっぱり、 使わないと、馴染まないって事みたいです。

家庭用のピアノは、その気になれば、 本当に生まれ変わるんですよ。^^
気合、必要ですが(笑)

♪さくらこさん

ピアノの調律代は高いですよねー。
この日、 ガーシュウィン宅では、 切れた弦の取替えもあったので、 2万2千円でしたよ!!(嘆)

 でも、 やっぱり、調律後は軽く、音がクリアーに鳴りました。

ここで、私、
ワンのトリミングとかできるのに、 ピアノの調律ができたらな~~って、出来もしないこと、考えました。

自分の音、つくってみたい。。。ってね。^^
無理です。 あれは、とことん付き合わないと、できない技術ですものね♡

♪ロシアンクッキーさん

はい^^
アップライトのピアノから買い換える時、
もう、ず~~~っと昔ですが、 思い切りました!!
グランドにしてよかったなと思います。
 音、 自分で作りやすいです。
ただ、 横幅、撮ります。

 うちのご主人様は、 ”このピアノが無かったら、もっと部屋が広いのになーー”って言います。
 後ろ頭、 はったおします!

前記事・・・ジェシカとロゼッタですね^^
ありがとうございます。  2ヵ月後、 どうでしょうかねーー♡

♪サクラのママ

ママ、 お写真、ありがとうございました^^
本当に見事なむらさきの ばら♡

ピアノを大事に愛してる人は、メンテナンスも違いますね。
ワンに対しても、 そうあるべきかな と、 確信しました。
 
フェルト・・・・羊毛、しかも、かなり上質な羊毛で出来てるとは、知りませんでしたよ、私♪
やっぱり、 虫がつくことが一番やっかいですものね。

吉祥寺のそのお店・・・おもしろそう・・・♪

♪メガパパ

PCの調律師・・・必要かも・・・「笑)

しかし、 私、自らメンテナンスしたら、
もう、二度と元の形には戻らないでしょうね(獏)

さて、 リズム・・・・
とっても有名なハンドラーさんも、
サッサッと、サーフィンミュージックのようなリズムを感じる人と、
ドンドンと、走ってはいるけど、演歌を感じる人いますよね。
  これは、ビートのきいたジャズ、必要かも・・・♪

リンカーンですか!!  それは、奥様、その中でワインなんか名ませられたら、いちころ だったでしょうねーー^^

♪ラッキーママ

血統書がある、ない、関係なく、
ワンのお目目をじーーーっと見ていると、
先祖代々からきた、ルーツを想像できるんですよ。

 血統書があると、 見方が分からなくても、それはおなじこと。 記されてるそれが語る血のルーツってありますからね。

リリー・・・あのホワイトの色はだれだったんでしょう
リリー・・・あの、フワフワなコートは誰だったの?

 そしてお目目をじーーーっと見てると、
 きっと、後ずさりされることでしょう「笑)

♪ミッキー&ランディママ

はい^^  グランドピアノです^^
やっぱり、 アップライトピアノをずーーーっとやってると、グランドへの夢がふつふつと。
それで、20年前、 思い切って買っちゃいました。
20年たっても、 健全です。ア剃るべしですよね^^
 このピアノは試弾室までいって、 限定で選んだので、 やはり気に入り方もつよいし、 思い入れもあります。
大事です^^
ワンと同じくらい。
でも、 中にはワンの毛がかなり入り込みますがね^^

 ピアノと ワンの共存ですかね(笑)

どっちも大事^^

♪ルビーさん

もう、70近いお年だと思います、 この方。
その今までのピアノとのかかわりの中、
積み重ねてきた物は、 職人 としかいえませんね。^^

 知識・感・技術・・・レベルが高いですし、
 なにより、 話される内容が古いのに、新鮮です♪

まあ、 私の あの 演奏を !!?  ♪

こっぱずかしいけど、 嬉しいわ^^
どうぞどうぞ  。。。。♪

 今ね、 今月中にアップしようと、 第二弾練習中です。 それも、 楽しみにしててくださいね。^^ 

我が家のピアノも私が3歳の時に買ってもらったので
もぅ30年ちょっとになります。
今は娘が使ってくれてますが^^
グランドピアノ・・憧れるな~~(* ゜∀`*)ノ☆。゚
また生演奏UPしてください!!!!
ワンコにピアノに メンテは大切ですね~!♪

ピアノの中、今まで見たことなかったけど、
ガーシュウィンさんのブログで、
へ~~ほ~~~~っていつも勉強になってます(笑)
弦が3本あるのは高音部だけなんですか?
低音部って弦は何本あるんですか??

あ、ウチのワンもメンテナンスしなきゃ~(笑)

憧れの~♪

グランドピアノ~~
素敵♪♪
そういえば、うちに調律師が来たのは1年以上前だわ(汗)
でも、分解されるなんて初めて知りました!
やっぱり先生のピアノは特別なのかしらん。

薔薇の色がめちゃくちゃ私好み。。

血統書、すっごくチェックしたくなりました^^

だーーーー!!

調律、あたしのピアノもしなきゃしなきゃと思いつつ、もう凄く長い間やってないんです。ピアノに申し訳なくて…。いつも頭の片隅で調律しなきゃと思いつつ、日々の忙しさで何年も調律していないこの現状。
ピアノに申し訳ない。本当に、申し訳ない。

タウンページかしら、こういう時は…。

そしてシューちゃん、楽しみ…。

こんばんは

ピアノ調律氏の方 何だか凄い^^

ワンコの毛・・まだあります・・
たまーーに 出てきて あぁ懐かしいですよ・・

ゴルちゃん やっぱし 可愛いなぁ♪

♪アンママさん

ママんちもピアノ、ありますか^^
昔は、 電子ピアノは無かったので、
 オルガンか、生ピアノでしたよね。

でも、生ピアノで育ってよかったです。
本物の音を聞き分ける耳が 育ちましたからね^^

 グランド、いいですよ~~~
 場所は、横にとりますが、
 やはり、 更に音が違いますし、 タッチもまた違います。
 我が家のピアノは、ヤマハのしだん質までお邪魔し、"コレ!”と、選んだ 限定品なんですよ。
 だから、とても気に入ってます。
 大事です。 調律師も、だから選ぶんですよ。
 
この、Mr.調律師にたどり着いたまでのドラマ、
いつかアップしますね。  一人の偉大な人との偶然な出会いから何ですよ ♪

♪みぬさん

私も、 この、Mr.調律師に出会うまでは、
ピアノの中とか、構造とか、歴史とか、あまり興味が無かったんですよ。
単に、
タッチを自分好みにして欲しい。そして、好みの音にして欲しい、 それだけだったんですが。
この、方にめぐり合うと ピアノの事をワンの事にも繋ぎ合わせて考えられるし、
なんといっても、 おっしゃることが、 奥が深いんですよ。
職人さんの 域 何ですよ。^^

 ピアノの弦・・・・・
 そうですよ^^
 高音部は 三本の弦で一音を支え、
 低音部は ふと~~い一本の弦で存在します。
 
 よくぞ、 この楽器をあんな昔に発明したと、 
 いつも 感心するんですよ。
 コンピューターでも 発明できないことです。
 ♪
だから、 こんな、神の長物 のようなものだから、メンテナンスはしてあげないと、ね。
そりゃ、 ワンも同じですよね。
大事だもん  ^^

♪sakanaさん

グランドピアノとて、
ここまで分解して、メンテナンスしてくれる、調律師はあまりいないと想いますよ。

 このMr.調律師は、製造部からスタートされたので、
 やはり、ピアノのノウハウが染み付いてらっしゃるようですよ  ♪
 そして、このお年になるまでやってらっしゃるんだから、 
 ピアノが、本当にお好きなんでしょうね^^

そして、 バラ・・・・!!
sakanaさん、食いつきましたね~~~^^
私も、このバラをブログの知り合いの"サクラのママ”さんの、ある日に掲載されたの、を見て、

   !!!! って、釘付けになり、
   ”私のブログに使わせてください!”ってお願いしたんですよ。

そういえば、そのサクラのママさん、 このイギリス旅行に行かれたそうですよ。
フフフ^^

♪ともっちゅさん

ギャハハハ    ^^
  ”タウンページかしら・・・?”
  もう、 うけましたよーー。

まあ、 真面目な話、 タウンページで探すのが手っ取り早いかも知れませんね。^^

シューちゃん・・・本当に頑張ってくれました。
後は、2ヶ月後の朗報が届くといいんですがね ♡

♪ららさん

そうなんです。
このMr.調律師との出会いがなければ、今のピアノの音は無かったかもしれません。

 彼は、繊細でクリアな音がお好きみたいです。
 私は、ソフトで深く耳に残る音が好きです。
 その、コラボレーションですよ(笑)

愛犬の毛・・・大事ですよーーー
集めて、 編みぐるみや、 ストラップを作ってもらってる人、 結構いるんですね。^^

ゴールデンのゴールドの毛・・・・・
大好きになりました  ^^

こんばんは!

ガーシュウィンさんのオーバーザレインボーとっても素敵でしたv-352v-291
また、生演奏期待していますv-237
楽しみに待っていますv-291

ピアノって。。。
こんなに分解出来るんですね( ̄▽ ̄;)

これを元通り・・・なんて 難しそう。
やっぱり、プロですね!

調律師さんで ピアノの音色が変わるなんて!!
これも びっくり(*_*)

何にしても、奥が深いですね。

我が家の小さなピアノも 直してあげたくなりました♪

メンテ。・・

大事ですねーピアノも犬もっ♪
ピアノ・・ガーママの宝物だしね。

アンダー・・特にゴルはあるんでないかい?
頑張って変な虫付かないうちにメンテしなきゃだわ。

カールのあんよの指間赤黒くなってて・・メンテだね。
原因多分耳だから耳もだわ(-・・-;) がんばろっ♪
マラセチアめっ・・・

♪ココ星さん

あれまあ、 お恥ずかしいですが、
気に入っていただき、 ありがとうございます。

 こりもせず、
 この次、 また アップしますので、
 ヨロシクご拝聴くださいね;^^   ♪

この、 調律後は、少し、弾き慣らさないと、
音が馴染まないので、・・・・^^

♪ひとみさん

はい^^
調律師で、ピアノが変わる  これ、本当です!!

ワンも 多分一緒かも知れませんね・
メンテナンスは 大切ですよね。^^

でも、ここまでバラバラにして、
調整するっての、 製造部出身ならでは ですよね。

♪カーボママ

はい^^
私にとって、 ピアノとワンは 大事です^^

だから、 メンテナンス必要ですよね。

そうかも、 ゴールデンは、特にアンダー、多いでしょうね。
長いし、 用途もそういうように改良されてるし。
でも、 この日本で飼ってるからには、特にアンダー抜き、必要ですよね。
しかも、 ここ本土はめちゃくちゃ湿気ますから(笑)
へんな虫 つきませんように。^^

その元、 断たなきゃ ダメってことですよね^^

なんでもメンテナンスが必要ですよね^^:
私自身のメンテナンスも必要かもです~~

♪ウランママ

そうですよねー。
何でもメンテナンスは 必要ですよねーー・・・


    ・・・って、

ギャハハハ!!
自分のもかい !!!???(獏)

最高のもの

良い調律師さんに巡り会えましたね。
さすが!
ピアノの製造に携わってきたからですかね......
そのピアノの個性を最高に引き出す事がこの方のこだわりであり生きがいなんですね。

ガーシュインさんもジゼルやメイベリンの良い個性を最高に引き出して下さい♪
きっと良い音が出ますよ☆

♪ティアラ家パパ

この調律師さんにめぐり合うまで、
閉じられたドアと、 開かれたドア あったんですよ^^

思い入れを深くし、 いい音出したいですね♪
うちの子にも!!!!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gershwin222.blog101.fc2.com/tb.php/180-78e9496d

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。