プロフィール

gershwin

Author:gershwin
主にゴールデンレトリバーとパピヨンをドッグショーでハンドリングしています。


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          昨日は ガーシュウィン、 ちょっと泣いた

          。。。。。

          アシュリー・ヘギちゃん のニュースは知ってますか?




          以前 テレビで 彼女を見たとき、
          釘付けになりました。

 




プロジェリアという 世界でその当時 30人という人数の病気

10倍の早さで 年をとっていく・・・

信じられない 病気です。





        平均寿命は13歳!

        13歳と言っても 換算すると ×10で
        130歳ということか。。。。




        それを なんと  アシュリーちゃんは
        17歳まで 生き延び ・・・・いや、



        その中で 何が ガーシュウィン感動したかと言うと




        彼女が生前 発言した言葉は 
        私には神としか思えないような 発言。
        その当時
        ”なんで この子は こんな事がいえるの?”と、
        感動を 通り越したものだ・・・・・

        



そのこを生んで 最後まで看取った 母の気持ち・・・
いかばかりか・・・・・

わが子が 世界にまれにない 早く老いていく病気で生まれ

どんどん 年をとり、 弱っていく・・・




17歳っていったら、
東京では電車の中の女子高校生は お友達とギャラギャラ楽しそうに
携帯いじくってる・・・・


その 同じ年を アシュリーは 大好きな動物に接したくて
調子のいいときは
近くのペットショップにお手伝いに行く。


     それもそれ ^^

     私は 他の人より ちょっと早く召されるだけで、
     変わりないわ・・・  とアシュリーは 当時言ってた

     そのことを聞いただけで ガーシュウィンは涙がでた。









          アシュリー ヘギさん。。。

          もう 痛くないね。 
          そしてもう 年をとらなくていられるね。

          安らかに・・・・・
          

          ガーシュウィンは あなたのことを 尊敬できます。♪
          20094.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









関西に行った ゴールデンのジゼルの息子 ライ君から

メールと写真がきました。



     変わらず、元気で いたずらしてます。
     ビデオカメラ 2台やられました^^ 
     携帯やら 
     メイベリンちゃんほど分解しませんでしたが リモコンやら

     この前のソラ君の 椅子の足見て 
     ”あーうちのライと同じや” 思いました。





言って、 久しぶりのライ君
425a.jpg

425.jpg

425b.jpg



    ん?

    やっぱり メイベリンと似てるかな・・特にその笑い顔!

    





ライ君 こんなでした
8a30.jpg

こんな中で そだってました
20080630153449.jpg

兄弟の中で ドッカーーンと お胸の張った トランジスタでした
20080709110124.jpg






          散歩に出ると 近所から”可愛い子やね~~^^”と
          いつも言われるらしいし、

          触られると ”すっごい 胸しとるね~~”
          言われるって。
 
          トランジスタ 健在ですね^^










アシュリーちゃんを 思い ちょっとセンチになってただけに

ライ君のお知らせメールは ガーシュウィンほっとした。^^




     さーーーってっと

     この次は ピアノ弾くね  ♪
  
     にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
     ♪ ♪ ♪ ^^

コメント

でもね・・・しつこいけれど・・・ごめん。
私が重度身体障害者だから言いたいのかも・・・。
決して、そのような人に可哀想だという勝手な同情は控えてほしいんです。。。
確かに、私も、有名な人が言ったように不便なだけです。
私のような人が居るから、医療面とか研究されて世の中に役立っているのですよ。
言ったと思いますが、私は単に難聴だけでなく、語音明瞭度の障害です。
現代の補聴器技術では絶対にカバー出来ないんです。
アシュリー・ヘギちゃんも、治療方法がないんです。
でも、世の中の研究者は一生懸命に治療方法の開発に動いて下さっています。
つまり、私たちは世の中に充分役立っているんです。
ですから、・・・・
もうやめましょう。
暗いお話になってしまいますね。m(_ _)m

だけどもね、本人は決して不幸な一生だとは思っていないと思います。
私たちより、一秒を大切に生きてきたと思うので、見習わなければなりません。
人生、長く生きることよりも、もっと大切なことが今の現代人は忘れていると思います。

ワンコもそうです。
犬の十戒を思い出して下さい。
「貴方にはお友達や家族が居るけれど、私には貴方しか頼れる人は居ません。」

我が家のメガも平均6年の寿命を精一杯、飼い主に付いてきてくれることがどんなに素晴らしいか。。。

>メガパパさん

パパさんが そのハンデキャップの中、 どんなに不自由して どんなに苦労されたかは 想像するしかできませんが、

最近は健全な人でも こころがいびつなのを見ると
とっても 痛みますよ。

 今アシュリーを思うと 
 どんなハンデで苦労したか ではなく
 彼女の中には 愛 と 勇気を感じましたよ^^
 生まれ変わっても 自分がいい なんてなかなかいえませんでしょうからね。
 ”私って ちょっと生意気なところがあるの。 でも それもすきなの^^”なんて ちょっと笑わせてみたりでね^^

犬と私の・・・は、何回か読みましたが、 確かにうなずけるところは多々ありますよね。
私は 犬だけではなく 人間同士も そうあって欲しいなとおもってますよ。^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gershwin222.blog101.fc2.com/tb.php/255-1301962e

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。