プロフィール

gershwin

Author:gershwin
主にゴールデンレトリバーとパピヨンをドッグショーでハンドリングしています。


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.調律師 ♪

          ピアノの調律の 季節がやってきました。




          寒い時期 暑い時期 涼しい時期 暖かい時期





          いろいろ あるでしょうが、





          ガーシュウィンにとって
          暑い時期は 暑い時期のドックショーがない時期に。





          気が楽 ってのもあるし、





          Mr.調律師の年に一度のお話が楽しみなの^^










いらっしゃませ~~~  よろしくどうぞ~~~





で、 早速 ピアノを分解され、 掃除機の先で念入りにお掃除される。
816b.jpg





     (ピアノは年に一回しかできないけど。。
      犬は定期的にグルーミングやトリミングは必要よね^^)





りリ~~ン
電話がきました。 友から。 
で、 ガーシュウィン、子機もって 二階へ退散。





     (え~~い、 ならばMr.にまかせよう)と。。
      下からは ぶぉ==と掃除機の音がしばらく続き、
      それから、おもむろに 
      Mr.の 御まじないの音(やすりかけやら)が小刻みに聞こえる





電話終了 ♪





     降りてみてみると 小さい機械でもって 
     高音部を調節しながら 。。。。。





”先生、 ピアノの命は 弦 と フェルト と ハンマーなんですがね”
816.jpg






     大分 老朽化してますね~~・・  に・・・・・

     ”宝くじ買ってはいるんですが、 なかなか当たらないんですよね・”

     と・・・とんちんかんな 返事をする。





で、 やはり 入り から 終了までは たっぷり 2時間半





御苦労さまです、Mr.。。。






          終わったらこっちのもの。










          コーヒーを お出ししながら、

          さ~~て、 今日はMr.から何を聞きだそうかしら・









          この前終了した 発表会の話から、

          ホール と ピアノ と 音響の関係に 感銘したっ!










”ガーシュウィン先生がいつも使ってるあのホールは、

 音が横に広がる癖があり、

 先生が3台の中で選ばれたピアノでは 音響が足りず、

 しかも もう少し 客席寄りに位置づけした方が よかったでしょうね^^” 
     に。。。。。。。。




ガっビ~~~ン!!!





私は とんちんかんでした。  。。。。。





小ホールだから、 ピアノは コンサート用ほど大きくない方がよかろうと、
     中型サイズを選んじゃったし、

響音板 に 寄ったほうがよかろうと、
     やや 奥に位置づけしちゃったし、

。。。。だから、 なんか 自分たちの耳への跳ねっ返りが足りなかったのか










          でね、 先生。

          だいたい 舞台のセンター位置があるでしょ、

          あそこの位置に 
          ピアノの中のハンマーのある場所を 合わせるんですよ。
   
          で、 

          客席に きっかり垂直にピアノの向きをやるといいですよ。

          最後に

          音出しの時に 客席の後列でチェックしてくださいね^^
          (これはやっていたのだが。。)









よ~~~しっっ!!

次回の発表会は ピアノの選定、 位置にきをつけてやろうじゃないのっ♪










          犬もね。。。。。

          本や情報からではなく 経験と観察の長けた人の話は
          厳しいけど 奥が深いのよね。





          ピアノもね、
          製造から入った たたき上げのMr.の話はね、
          を感じるの。





          今年で 72歳になられた Mr.
          816a.jpg






          そのテクニックに信頼をおくプロが多いらしい。





          

40歳くらいまで やっていたという野球できたえたその足腰は、





           今もなお 外回りの仕事に耐えられてる。。。





           来年もまた よろしくおねがいします。





           今年も 為になるお話、ありがとうございました
           画像 107
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
          

コメント

v-342調律師の方にほんと匠を感じました

>キャメママさん

年配の方々の 職人さん・・・本当に 神 をかんじるんですよ。

匠・・・本当に そのままです、あの方は。。^^

   そんな方のお話を聞け、仕事を見ることができるのがうれしいです^^

ウチに来ていただいている調律師さんも、
かなり有名な「神様」だそうです。(知らなかったんですが・・)
札幌からベンツに乗ってやって来ます。(スゴイ!)
そんなに儲かるなら・・・、
HALも楽器好きなので、自分でやってみたいのですが、
元に戻らなくなったら困るので手を付けてません(笑)。

>HALさん

そちらにも 神様いらっしゃいますか。
やはり年配でいらっしゃるdしょうね~^^
  ベンツ!!すごい 
  我が家の神様は 普通車ですですが、すごいなとおもうのは
  絶対遅刻をされないです。 その点やはりプロだな~と思います^^

HALさん やってみる? (笑)私、怖くてでけません。。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gershwin222.blog101.fc2.com/tb.php/612-98a23370

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。