プロフィール

gershwin

Author:gershwin
主にゴールデンレトリバーとパピヨンをドッグショーでハンドリングしています。


最近の記事


最近のコメント


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
          
          この父の 形見の 時計
          ch1.jpg


          ・・・・・
          これ、見るといつも 
          死を直前にした  父のあの目、思い出すんですよ。





             ” わし、 もう だめかも・・・・ ”





          って、 娘の私を、必死に見開いて 言ったんですもの ☆

          ”父の 四訓” いつか、書いたと思います。
          私、精一杯(時々^^) やろうと 思うし
 
          あの、気乗りがしないと、いいかげんな仕事になる
          ちょんまげ娘にも 伝えて生きたいと ・・・ね。
          070930_0829~01

          こら、 そこで、マジェンダとネンネしてる、そこのあなたの事よ!










          あなたとそこで ネンネしてるそのパピヨンのマジェンダ・・・・・

          その子に流れてるその血にも ドラマがあるってことよ。
          




             今、 コレを読んでる あなた、
             今日は、 あなたを 泣かしちゃうぞ。













マジェンダと、 ハリケーンは お里が同じです。
勿論 ちょくちょく 出てくる コルドン ってパピヨンもそこにはいます。

そこの初代のパピヨンに   
” アーバン ”という、  なんとも威風堂々とした、 可愛らしいパピヨンがいました。

残念ながら、 写真がないので、お見せ出来ない。
だから、 まあ、こんな感じということで、  JJの川原姿を登場させましょ。
071208_1415~01

   まあ、こんな感じ・・・ってことも無理はあるでしょうが、ゴメンネ。 ♪






          アーバンと会ったのは、
          もう、そろそろお年なので、 次の代へ、コルドン登場した時です。

          その頃の私、
          B級ライセンス取得のため、
          ゴールデンのほかに 
          小型を勉強しなければいけない頃だったんです。



          ”コッチャンでお勉強してみる?^^”って
          見せていただいた時の様子は
          小さな  小タヌキ   ♡   ほらねっ!
          070926_165241.jpg


             その時のアーバン 忘れてませんよ。
             小タヌキコルドンのその側で ものすごい威厳でした。^^

             今、思うと、当然ですけど、
             由緒正しいイギリスの血統を父に持ってましたからね。





             私、必死で、小型教わり、覚えましたよ。
             今でも勉強中ですが、
             ほら、このコルドン、約 2年の間にコレだけ変身できましたよ。

                見てくれる?  ビフョー、 アフター。
                初めて会った時と チャンピオン完成時
                070926_165241.jpg
          5b96.jpg


                まあ、お渡しのお別れのときは   
                すがって ウォンウォン泣きましたけどね。

             そりゃそうだ、コルドンがこんなに変身できたのも、
             系統は違えども、
             コッチャンの中にも イギリスの血が入ってましたからね。^^










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










1年後・・・・・ ある朝ブリーダーさんから 連絡

アーバンが かなり 弱ってきたのよーー
でも、 今、 ちょいと 面白い子が 生まれたのよ、
   
   って 写メールで送ってきたのが、 ハリケーン、 でした。 ♪
baby1.jpg

   コルドンの子 ですよ。 ^^
   おなじみですよね。  ^^










          約、 6ヶ月 成長の様子を見たブリーダーさん
          私を ある日 呼び出した。

          もうそろそろ  やってみましょうか?  ♪
          アーバン、  本当に 危ないんだ   ・・・・・










ブリーダーさんちに 伺ったガーシュウィン  ハリーと会ってから、
お預かり することに  決定  ♡











          ”奥の部屋に アーバンがいるんだけど、
             見る?  ・・・・・反応は余りないけどね。”

          ”うん、 わかった  ・・・・・”





                 会った  ☆





          ”アーバン、いつか会った ガーシュウィンさんよー”

               ・・・・・アーバン 息、浅い。。。。。
               ・・・・・アーバン 聞こえてないかも。。。。。





               突然、 アーバン、 フーーーっと顔を上げ
               私と 目 が 合った  !!!!!
               G5.jpg

             
             
               ・・・・・やだ、  あの時の 父の目だ



          ガーシュウィン、 何も言わず フンフンと小さく頷きました。
             あの時の 父に対する行動と 同じでしたよ。










ハリケーンをうちに向かえ、 ドックショーの生活をスタートした途端の


     たった 三日後


アーバンが 亡くなった      
アーバンが、  亡くなってしまった     
あの  最後の目が 焼きついてしまった・・・


    ”ガーシュウィンさん、 ハリー、 よろしくね、
     バトンタッチ  するよ。。。。。  ”  

    って言ってたとしか 思えないんですよ。










          G5.jpg











ガーシュウィン、 もう その 最後の訴える目の言うこと 聞いた

あんな 笑っちゃうよな 赤ちゃんだった ハリケーン。
 まあ、途中では 珍道中 大有りでしたけど
 (ほら、 私のことだからね。 ^^)

ジャーーーーーン !!!!!
e2.jpg


 見事、 チャンピオンに完成してくれ、 またまた 
 お別れには  な・み・だ   ♪
 だって、 ブリーダーさんがいけないんですよ。
  ”お疲れ様でしたねーーー”って
 泣かずに渡そうと 気負ってた 私の顔 覗くんだもの、 ねえー。^^










          でもね、
          私の 胸の奥では
          アーバンの ”死を直前にした  目” が
          あったんですよ。  ☆





          ・・・・・アーバン・・・・・
          あなたとの 私が勝手に決めた約束、 果たしたよ!ってね。










そしてね、 うちには   ハーフがいるんですよ。  ♪

コルドンの娘に  アーバンをかけて できた ハーフ
  ^^
そうです、 マジェンダですよ。  
  ^^
baby2.jpg

070930_0829~01

040225_2339~001


   こうやって だれかの お側で ネンネするの、 大好きなんですよ♡

   アーバン
   可愛いよ、 あなたの 娘  ^^
   ちょいと  臆病すぎて  とうとう ドックショーには出れなかったけどね。
   ^^










          死を直前にした 訴える目・・・・・
          そのメッセージは
          人間側の解釈しか できないけど、

          私は その中に その物の最後の何かが
          詰まっている、 詰まっているはずだ と
          絶対 思いますよ。


          だって、 あの目は 印象的すぎますからね。。。。。☆
          
          アーバン、 あなたの あの時の目。。。壮絶過ぎましたよ。。。
          


          ch1.jpg

          にほんブログ村 犬ブログへ
          最後の見開いた目、 
          そのメッセージ、 まだ探してます。  ♪     
    

コメント

託したお願い

v-352アーバンちゃんの託した言葉が分かったんですね。
ショーの時の真剣なエネルギーを覚えていたんですね。
この人なら言葉を分かってくれると。

今、シーザー・ミラン(アメリカのドッグサイコロジーセンター)の本を読んであゆと向き合っています。
犬の気持ちを本質で理解してあげたくて。

アーバンちゃん最後に必死で訴えたんでしょうね~。
力を振り絞って重い顔を上げ、ガーシュウィンさんに。
ワンコって人を見抜く力ありますもんね。
伝えなきゃって思ったに違いないですよ。
でも、ガーシュウィンさんもよく約束守ってあげましたよね~!
あの目にちゃんと応えたハリーちゃんもガーシュウィンさんも素敵すぎます◎

ホントだ!

ホントだ!小タヌキだw(失礼^^;

物言わぬ犬の目は物言う人間の目より物言います。(意味不明かも)
最後にじーっと見つめられこちらも見つめ返した。
言葉はなくとも心で通じ合うエネルギーを感じました;;
昔飼っていたヨーキーが喘息で呼吸困難となり動物病院に連れて行き即入院となった事があります。その夜の内に逝ってしまう事になるのですが、高酸素室に入れられて呼吸が少し楽になったので顔だけみて今日は帰ろうと思ってガラス越しに覗いたんです。そしたら横になって休んでいたのにまっすぐ司令官の所を向いてお座りしたんです。
そして目を見つめてきました。その時僕には確かに聞こえました。「置いてかないで!もう会えなくなるよ!」と。
先生は危険だけれど何かあったらTELしますので一旦帰宅するように言われました。
数時間後TELがあり、今亡くなりましたと。
急いで病院に向かうとまだ温かい亡骸と先生からのお花が添えられていました。あの時ずっと付いていてやればと後悔していますし、あの時の最後の目は今でも忘れられません。長文失礼いたしました;;

言葉はなくても

ガーシュウィンさん今日もステキなお話、ありがとうございます。
私も父が亡くなったときのことを思い出しました。(涙)
意識が無かったので、最後の眼差しをうけとめてあげることはできませんでした。

アーバンちゃんには分かっていたんですね。
ガーシュウィンさんがきっと願いを叶えてくれるって・・・
そうして思いは受け継がれていくんですね。
言葉はなくても、心を通い合わせることができるんですね。

アーバンとの約束・・・
ガーシュウィンさんは 果たしたのですね。

最期の力を 振り絞って顔をあげ
『目』で 伝えた アーバン。。。
それを受け止めた ガーシュウィンさん。。。


アーバンは、きっとガーシュウィンさんを
待っていたのでしょうね(涙)

私も『目』での 会話、心の繋がりが
持てる 飼い主になりたいと強く思いました。

うぅぅぅぅぅ・・・(涙)

思い切り泣かせて頂きましたv-406

2ヶ月前のうちのワンコの死の直前も
病院へ急ぐ車の中で苦しみながら私の顔を見るゴハン…
泡をふきながら必死で何かを訴える…
病院まではもたず助手席で息耐えたあの表情
私をじーっと見つめていました
一生、忘れる事は出来ません

私も今も最後のメッセージを探しています

>サクラのママ

うん、 あの最後のアーバンの目を思い出すたび、
じ~~~んと来るんですよ。
 まだ  あの目、 おぼえていますし、
 何より、 ほとんど瀕死な状態でわざわざ頭をもちあげてくれたんですからね。^^

ママも えらいですね。
犬と向き合うために 専門書を読む・・・^^
 あゆちゃんと これからも いいコンビでありますようにね。 

 泥んこになって遊ぶあゆちゃん、 覚えてますよ。
 楽しそうでしたね。 ♡

>みぬさん

はい、 私も アーバンのあの最後の態度と目は
訴えたような気がしましたよ。。。。。

 わすれられません。

ハリーと お約束はたせたのに、 ホッともしました。^^
ワンも 訴え、語るんですね。 私は、 そう思ってるんですよ。 ☆

>ジャックパパ

そう、 子タヌキでしょっ  ^^
でも、この子タヌキ、 天使みたいに心の綺麗な子だったんですよ。
最後には、 ちょっとばかし、 脱出してくれましたけどね。^^

 しかし、 パパんちの そのヨーキーちゃんの最後の目  !!
 これこそ、 感動のノンフィクションじゃないですか~~
 情景が想像されると、 涙 です。

パパも そんな思いで最後を迎えられたんですね。
ジャックにたいする 寒くても、早朝散歩
にその思いがこめられてますよ。
 あの目、 あの態度、 絶対忘れられませんね。 ♪

>ユジンさん

ユジンさんも お父様を亡くされたんですか・・・
それはそれは・・・・・

   しかし、
   生あるものが その幕を閉じるその瞬間、
   なにかが はじけるんですよね。

私は、父をみとってないですけど、
その直前の父の最期、ちゃんと覚えてますよ。 ♪

アーバンは 私にああ言ったと 私は思ってるんですよ。
ハリーを迎えて、3日後に息を引き取ったと聞いて、
そう思わずには いられませんでした。。。。。

>ひとみさん

うん、 勝手に決めたお約束ですが、
果たせてよかったと思います。
ハリーも 頑張ってくれました。 ^^

  アーバンが、私をあの時待っててくれた・・・
  やだ、 そんなこと言われたら、私、また泣いちゃうジャン!  (泣)

ワンの目、 本能の正直な目ですよね
私、 素 でいれますよ   ♡

>ポチさん

思いっきり、 泣かせちゃいましたね。 ☆

 思い出しちゃいましたか。? 
 一緒に 思い出しましょうよ。
 あの最後の瞬間は  一生忘れませんよね。

目・・・・・ゴハンと合ったんですね。
残りますよね、 あの、最後の目は・・・ ☆

 一緒に メッセージ、探しましょうね。
 いっこずつ

悲しさと、優しさ

お久しぶりです。

悲しい思いを経験した分、

次のワンに優しくなれそうな

気がしますね。

さまざまなドラマがあるんですよね。
悲しいけど とてもすてきなお話です。

9年間一緒だったライオンラビットのくり
病院の診察台のうえで 急変 私の手の中で
死んでいったとき 悲しい顔は絶対しては
いけない 心配するから 笑顔でいようと
笑顔で よくがんばったね。と何度も
なでて 話しかけていました。
精一杯ムリをしたこと おもいだしました。
その後は 号泣でしたが ・・・

出会いと別れ ドラマです。

目は口ほどに・・・

『目は口ほどにものを言う』 素晴らしい格言ですよね。
はたまた、仕草で気持ちを量る。

日本人の独特の感性であり得意なところですが・・・
犬の気持ちを察してあげる事の出来ない私です。
犬の方は、私の事を気遣ってくれてるのにね。。。

巷ではペットって言葉に溢れてますが、その言葉あまり好きじゃ在りません。
ガーシュウインさんのブログ見て、家族であり友達なんだと思います。

いい話をありがとう。

マジェンダ そのお目々は何を訴えてるのかな!?
『お腹空いた』て顔に見えますがね♪

>osakaさん

わ~~~~~、 お久しぶりです。  (^^)

 今年もヨロシク お願いします♡

さて、 ワンの死に直面するにあたっては
まだまだ、 メッセージ探しは続きます。^^
だって、 
”ああーー、 こんなこといいたかったんだろうか?”
なんて、 思えること まだまだたくさんあるんですもの  ♪

 そして、その死を迎え、送り、
 今いるワンに対して、
 ”まだ側にいてくれて ありがとね” って愛情が
 ドンドン 沸くんですよ。^^

そして、 その 繰り返し・・・なんでしょうけど、
私、 やっぱり ワンが好き・!  ねっ、osakaさん♡

>lamareさん

うわああぁーー
 その うさちゃんとの最後も、 なんだか
 自分に置き換えて、 なけてきますよ。。。。

マーレパパも、ずいぶんと辛い思いで送られたでしょうね。
しかし よく頑張ったねの その言葉、ジーンと来ます。

   ドラマです。
   全て、 生あるものを迎えるその瞬間
   死を送るその瞬間・・・・・☆

>ティアラ家パパ

ペット。。。。。
その言葉が好きじゃないという パパ
そんなパパに
ワン達が気を使わないことは ないと 思いますよ。

 私、
 ワンの目が好きなんですよ。^^
 きっと、 パパにいつか会えたら、 
 同じ目をしてるだろうなーー と思ってるんですよ。
 だって、 ペットという言葉が嫌いなパパだからね。
  ^^

マジェンダの目、  そう思いますか??? ♪
 うししし  ^^
 あったり~~~  ^^

お父様の最後の言葉、
最後の眼差し・・・
忘れられないですよね。
以前父が入院していて
人工呼吸器でしゃべれなかった時、
やっとの思いで筆談で
「もう~だめなのかも」って
言った時の父の目が今も忘れられません。
本当に有難い事に父はその後助かって、
今も元気でいます。

ワンちゃんも一緒ですよね。
最後の時
必死で何かを伝えようとしていると思います。
アーバンちゃんの心、
ガーシュウィンさんはしっかり受け止めてあげたんですね。
アーバンちゃん喜んでいますね。

私は鼓太郎の最後の言葉、心、受け止めてあげれたかな~。。。。

たとえ言葉が話せなくても、犬と人間は何か通じ合う、何か分かり合えることって多いですよね。
アーバンは最後の力で、懸命にガーシュウィンさんに訴えてきたんですね。
最後にガーシュウィンさんに気持ちが伝わって「アーバン、本当によかったね。」という気持ちで一杯です。

>ロミコタママ

ママも、 ・・・・・
ママも お父様で同じような経験されたんですね。
あの、 ”だめかも・・”の本人の言葉、
なんとも言えず、 ドキッとしますよね。

 でも、 ママのお父様、回復されて本当に良かったですね。!

そして、 鼓太郎への、思い。。。。。
ママ大丈夫ですよ。 ^^
私、ちゃ~~んと知ってますもの。  ♡
 

>いーたんさん

しかし、 
動物なのに、 魂  ってものがあるものだ!
と、私、 いつも感動してるんですよ。
 魂が最後に訴えること。。。。。
 それは、 何気に 私サイドの解釈しかできませんが、
 アーバンの訴えは
 あの時、そういってたような 気がするんですよ。

ハリーが我が家に来て3日後に亡くなるなんて、
もう、それだけでね。 ☆
お約束、 果たせて、 ホッとしましたよ。^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gershwin222.blog101.fc2.com/tb.php/86-8fcedd89

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。